FC2ブログ
 
プロフィール
 

税金研究家

Author:税金研究家
税理士事務所に勤務して14年の中堅社員です。

 
最新記事
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

源泉徴収票8

 
2010/04/27(Tue) Category : 基礎知識
扶養控除とは同じことなのですが、

扶養者が配偶者の場合は、

配偶者控除という扱いになります。

6.配偶者控除

合計「所得」金額が「38面円以下」の配偶者が

いる場合、配偶者控除が受けられます。

控除額は38万円です。

ただし、70歳以上の配偶者は

48万円となります。


7.配偶者特別控除

本人の合計「所得」が1,000万円以下で、なおかつ

配偶者の合計「所得」金額が、

38万円以上76万円未満の配偶者がいる場合、

配偶者特別控除が受けられます。

所得が38万円以上76万円未満ということは、

収入金額でいいますと、

103万円以上141万円未満ということです。

控除額は、配偶者の所得金額に応じて変わり、

38万円から徐々に減っていきます。

なお、配偶者控除との併用はできません。

控除額はこちらを参考にしてください。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm


配偶者(奥さんの場合がほとんどです)が

パ-トなどで、家計を助ける場合も多いため、

103万以下なら「配偶者控除」として、

103万~141万未満なら「配偶者特別控除」として

配偶者だけの特別の控除が認められています。


元気に仕事ができるのも、

奥さんのおかげ、

旦那は奥さんに日々感謝しなさいということ

でしょうね。


↓↓↓励みになりますので、ポチっとよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 税金へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
リンク
フリーエリア
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。