FC2ブログ
 
プロフィール
 

税金研究家

Author:税金研究家
税理士事務所に勤務して14年の中堅社員です。

 
最新記事
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

源泉徴収票9

 
2010/05/01(Sat) Category : 基礎知識
8.寡婦(寡夫)控除

まずは女性の方の寡婦控除を。

1.所得者本人が次の1または2の

いずれかに該当する人で、扶養親族

または生計を一にする子がいる方です。

ア.夫と死別した後、婚姻していない人

イ.夫と離婚した後、婚姻していない人

ウ.夫の生死の明らかでない人

2.上記1の人の他、次のいずれかに該当する人で、

  合計「所得」金額が500万円以下の方。

  合計「所得」が500万円以下ということは、

  給料の収入のみの場合は、

  6,888,889円以下の方です。


ア.夫と死別した後、婚姻していない人

イ.夫の生死の明らかでない人

以上にあてはまる方は寡婦控除が受けられます。

控除額は27万円です。

ただし、寡婦のうち、扶養親族がいて、

かつ、本人の合計「所得」が500万円以下の場合、

控除額は35万円となります。


次は男性の寡夫控除を。

所得者本人が、次の1、2または3のいずれかに

該当する人で、生計を一にする子があり、

かつ合計「所得」金額が500万円以下の方です。

1.夫と死別した後、婚姻していない人

2.夫と離婚した後、婚姻していない人

3.夫の生死の明らかでない人

以上にあてはまる方は寡夫控除が受けられます。

控除額は27万円です。



寡婦(寡夫)控除に関しては、

女性の方がほんの少しだけ優遇されています。

しかし、女性だけで子育てをしていくのは、

経済的にとても大変になることが

私の周りでも多く見られます。

もうすこし、寡婦控除額を

増額できないものでしょうか?

と思います。


↓↓↓励みになりますので、ポチっとよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 税金へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
リンク
フリーエリア
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。